不眠症を治すために重要な食べ物って?

不眠症を治すために重要な食べ物って?

わきが

 

不眠症までいかなくても、なかなか眠りにつけない、途中で何度も起きるといった睡眠に関するお悩みの方が多いようです。

 

人の体は、食べ物の影響が大きいと聞きますから、睡眠に関するトラブルの解決のひとつとして食べ物にも気を使うといいようです。

 

ストレスに対してはセロトニンを多く取るといいと言われるように、不眠症に対してもセロトニンを多く取るようにしたほうがいいです。

 

では、セロトニンを増やすには、どのような食べ物を意識して多く食べるといいのでしょうか。必須アミノ酸であるトリプトファンがセロトニンの原料だと言われています。

 

そのトリプトファンが多く含まれているのが、バナナ、牛乳、チーズ、ヨーグルトです。寝る前に、牛乳を飲むといいと言われているのは、そのためでしょう。

 

それとGABAもいいようです。サプリメントでもありますが、チョコレートでも、このGABAが含まれたものが売られています。また、発芽玄米にも含まれているので、白米の代わりに発芽玄米を食べるといいです。

 

これらのほか、ハーブティーとして売られているバレリアンもいいのですが、ニオイが気になる人も多いようです。その場合は、サプリメントを利用してみるといいでしょう(ゲップをするとニオイが出てきますが)。

 

睡眠に良いとされる食べ物は、ひとつだけでなく、いくつか試してみるといいようです。

関連ページ

しっかりとした睡眠をとるために行っている私の対策法
子どもの頃は何も考えなくても夜になれば自然と眠くなり、朝までぐっすりと睡眠をとれていたのに、大人になるにつれて眠れないことが増えたり、目覚めがスッキリとしないということが増えて来た経験のある人も多いのではないでしょうか。
私の不眠症の解決方法
私の不眠症対策をご紹介します。 仕事上ストレスを抱えている時などに不眠になってしまい、翌日の仕事にも悪影響が出てしまうので非常に悩んでいました。朝六時まで全く眠ることができずにそのまま出社したケースも一度や二度ではありません。
快適な睡眠をとるために心掛けていること
快適な睡眠をとるために心掛けていることは、たくさんあります。これは、日々の積み重ねが重要であり、一日とか二日やっても効果がありません。
快適に寝るために重要な2つの方法
皆さんはよい睡眠をとっているでしょうか。 なかなか寝付くことができなかったり、寝てもすぐに起きてしまったりと問題を抱えている人もいらっしゃるかもしれません。